News About PRAA About HIV/AIDS About HIV/AIDS and Human Rights Publications Patronage Link Plea
 
 
  關鍵字:
 
 
● 日本語 : 給外籍愛滋感染者的台灣愛滋政策說明與建議
 

外国人への エイズ患者 に対する 台湾政策声明とアドバイス

 

エイズ感染者権益促進会 (権促会)

February 24, 2017 (中文)

March 10, 2017 (English)

March 22, 2017 (日本語) (Indonesia) (อักษรไทย) (Malay)

March 29, 2017 (ру́сский) (việt) (Deutsch)

April 6, 2017 (Italiano)

 

 

  現在の ポリシーについて…

台湾は既に20152月から、 エイズ患者に対する 入出境 管理と 滞在 する 制限事項を解禁しました、労働 許可 と居住 許可の 申請に関するエイズの検査項目もいりません。

従って入境後 、エイズ患者は 必ず台湾て2年の抗ウイルス薬を使う記録がある場合、 それによって 台湾 国民健康保険 身分 どういう資格が持ちます。

 

 

権促会のアドバイス及び提案について…

1.    留学生の場合は自らから学校側に身体検査への要求をしてください。

 

2.    エイズ患者は台湾の国民健康保険を使って治療するならば、 エイズに関する医療記録は台湾の国民健康保険システムに記録されます。 つまり、今後どんな病院へ 治療を受ける( 何れの 病気) 医療関係者はエイズ患者だということが知らされます。

 

3.    無論自分は何時から エイズ 感染だと発見されたどのくらい 時間には関係なく、 台湾の国民健康保険は 初めて医療品の購入記録から 認定基準にされます。 すなわち、 エイズ患者が初めて抗ウイルス薬を購入して記録から2年後、 エイズ患者は台湾の国民健康保険身分として治療されます(エイズ医療) それで毎回治療ときに個人的な負担治療費用は大幅に下がります。

 

4.   以下の状況は、 台湾国民健康保険はエイズ患者 に対する助けることが限られましたから 、ご自由に台湾の国民健康保険に加入することを 考慮してください。

4.1    年以上台湾に住むことはありません。

4.2    自らから 抗ウイルス薬を購入する事が出来ます。

 

5.   台湾の国民健康保険身分になる資格がない方、または2年未満の方、 エイズの医療問題に関わった方、あるいは関連 疑問があれば… 是非ご連絡してください

Tel: +886-2-2550-5963 / Email: praatw@gmail.com